「魂を燃やせよ」

2018年8月11日、12日。

曇り空は晴れた。でも、最後の最後は雨が降った。

これまでの事をすべて流すような、そんな雨だった。

 

個人的に重要なタイミングで彼らは何かしらの不安要素を発生させてくる。

4年前は結果良い方に転がったのだけれど、今回はどちらに転がるか全く予想がつかなかった。

自分も思うような結果が出ていなかった時期だったし、なによりも、周年の年になにをしてるんだろうと思う方が先だった。

 

といっても起こってしまったものはどうにもならない。

だから忘れるように、他の応援しているグループに目を向けたし*1、彼らの曲も「まったく」耳にせずに、必死に勉強をしていた。

 

こういう時、アイドルは無力だと思う。

でもそれは「アイドル」という性質上どうしようもないものだとも思う。

受け入れる側が、受け入れられる状況にならなければ、なにも届かないのである。

 

どうなることやらと思った「BLUE」はそのままリリースされた。さすがにこれは延期したくてもできないものだったと思う。音楽番組も、そのまま放送されたものが予想より多くて安心した。

 

事が起こった時から「BLUE」がリリースされるまでの約2週間、彼らの曲を聴くことはなかったと思う。聴いていたとしても、こころここにあらずのような感覚で、耳から耳へ通り抜けていった。

 

「BLUE」を聴いた。

これまでの憂いはなんだったのか。苦しさや悲しさはどこにいったのか。

そう思うほど彼らの曲がとても良くて、これまで抱えていた黒いもやもやがスーと消えていった。

「この声は信じられる」と思ったのだ。

今回の1件で悩んでいるのが馬鹿馬鹿しくなったのかもしれない。

こんなに素敵な曲を届けられる、こんなにカッコイイ姿を見せてくれる。

そして何よりも、何度このような事が起こったとしても、パフォーマンスで裏切られない限り、わたしは彼らの姿を見続けるだろうと思ってしまったのである。

 

 

そして証拠のない確信を抱えて約1か月半。

自分の方も良い知らせがいくつかあって、あの頃よりも気持ちに余裕ができた。

私にとって、彼らのコンサートで野外は初めてだった。

しかも初めて入る会場でもあった。

 

「あの件について、なにも言わないでいい」

「泣いてもいいけど、あの件に関して泣かなければいい」

「とにかく、コンサート中はあの件に関して触れないでほしい」

始まる、スタンド席で入場する人を眺めながら、この1か月半考えていたことを思い出していた。

いつも通り、コンサートをしてくれればいいと思っていた。

だからこそ、謝罪されたらどうしようかとおもっていた。

謝罪の言葉なんて聞いたら、担降りとまではいかなくても、それ相応にはなると思っていた。

 

初日は入場に時間がかかり、MCカット、20分押しで始まった。

 

 

1曲目はあの「BLUE」だった。

個人的に今回でなくてもよかったのだが、「1曲目がBLUEのコンサートが見たい」とシングルリリースの時から思っていた。

通常のツアーはコンセプトを固めたものを展開するので、「BLUE」が1曲目に来るとしたら、今回のようなコンサートしかありえないとは考えていた。

そして、360度ステージで、下からせりあがってきて欲しいとも考えていた。

その時はすっかり忘れていたのだが、公演終了後によくよく考えたら、真ん中のステージではなかったものの、メインステージで下からせりあがってきていた。

わたしはよくカンが外れるタイプなので、今回ばかりは苦笑いした。

ああ、いやだけど「運命なんだろうなあ」と思ってしまった。

 

2ヵ月ほど前、あんなことがあったのに、そんなことを微塵も感じさせないパフォーマンスでコンサートは進んでいった。

途中の映像は「いつも通り」の彼らの姿で、「そうそうこれこれ、これが見たかった」と、すっかりいつものようにコンサートを楽しんでいた。

 

メンバーカラーの衣装は意図的に作っていない、4年前から考えていたことがある、という彼の言葉を聴いて、「新しい衣装でとうとうメンバーカラーに合わせた揃いを作ったのか」と予想したけど、全然違かった。

そっちか!と思ったけど、WHITEから追い続けている身としては様々な記憶があふれて堪らなかった。過去の衣装は歌番組などでしか見られないと思っていたから、より嬉しかった。

 

 

 

「きっとBYAKUYAだ」

 

と思ったら違った。

 

「夜よ踊れ」だった。

 

この曲は、あのBLUEの通常盤のカップリング曲であった。リリース直後から話題となり、ファンがコンサートで見たい聴きたい曲の1つになっていたと思う。

なんとなくやるだろうとは思っていたけど、どのタイミングで、どの流れに組み込まれるのかはわからなかった。

まさかのバンドコーナーだった。

でもすぐに納得した。

納得できるだけの音がそこにあった。

 

生バンド、しかも野外という環境は難しいと思う。音が聞こえにくかったり、音がずれる。しかも初日はあまり音響が良くなかった。

 

でも、そんなことを無視できるような、そんなの関係ないパフォーマンスが目の前で繰り広げられていた。2日ともメインステージから遠いところだったので音ずれはしょっちゅう起こっていたけれど、バンドコーナーの時は対して気にならなかった。興奮して忘れてるだけかもしれないけど。

 

ここで証拠のなかった確信が、証拠のあるものになった。

 

これがあればきっと大丈夫。

 

その音は、魂からの声のように聞こえた。

 

 

Burn.という小説に「魂を燃やせよ」というセリフがある。

この小説は彼の書いたものの中で私が一番好きで、そして、このセリフが作中で一番好きだ。

 

コンサートで歌い踊る時、それは魂を燃やしている時だ。

彼らが魂を削って、それを燃料にして、燃やして、それが音に、踊りに乗り移ることで感じることができる。

そして、わたしが「魂を燃やせる」瞬間を得られるのは、彼らの世界にいるときだけかもしれない、と確信をまた得てしまった。

心の底から熱く、理性を超えて、そんな感覚になれるのはここしかないのかもしれないと分かってしまった。

薄々気が付いていたけど、気が付きたくなかった。

他にも好きな人たちはたくさんいるけれど、最終的にはここに戻ってくることが決められているなんて。絶望ともいえる。そんな自分にあきれるし悲しくなる。でもそれはそれで仕方ない。

 

その後、例の件に触れることはなく、コンサートは進んでいく。

15年前の自分へ、というタイトルでメンバーがコメントを述べる映像が流れる。

おそらく一番今回の件が響いたのはここのメンバーのコメントと流れる順番だと思う。

無難な、まあそういうこと言うよな、といったコメントが3人流れた。

最後の一人になった。

 

「拝啓、15年前の僕へ。今、幸せだよ。」

 

さすがに彼の事まで疑うのはやりすぎだと思うからしない。

だが、彼が実際どう思っていようと、ここで、この流れで、最後にこの言葉を言えるのは、上出来な物語だなあと泣いてしまった。

そんな物語に振り回されてもいいかなとおとなしく白旗を挙げたのも事実である。

 

裏側でTシャツに着替えていて、なんかBoxが出てきたときに、「あーこれアニバーサリーBoxだ」と思ってしまった。初日から気が付いてはいたが、話題にしてる人が全然いなかった。でもみんな気が付いたでしょう?きっと。

 

初日は時間的にアンコールはないと思った。2日目も終わってみればアンコールの時間はなかった。

時間があっても、アンコールの声が大きくなっても、なんとなく彼らはもう出てこないんじゃないかと思っていた。むしろそっちの方がかっこいい。

 

コンサートの最後を締めくくる映像のBGMは「生きろ」だった。最後の曲がそれだったからだろうが、とても合っていた。

 

最後に歌詞があやふやになりながらファンが歌ったのも「彼らのファン」らしくて笑ってしまった。

 

 

彼らに出会わなければよかったと思ったこともある。

しかし、これから先なにか決定的に「確信」を失わない限り、きっと彼らに出会えてよかったと言える未来があると思っている。

 

魂を燃やし続けられる限り、彼らと共に歩むことを止めないだろう。

 

 

15周年おめでとう。

やっと言えたわ。

 

*1:ちょうどAKBの総選挙期間だったのはある意味幸運だったと今は思う

深夜の思考録①

 

「結局自己肯定感の話か?」

 

自分がくよくよしている時、人の話を聞きつつも、最後はやはり自分が乗り越えなくては根本的な解決にはならない。

 

Twitterを長年にわたり使用しているがゆえに、「考え方の癖」がついてしまっているようだ。

流れてきた呟きのテーマとか内容をもとにそれについて考える、という一連の流れがすっかりできあがっている。

「他人」という存在が無ければスイッチが入らない……というのもおんぶにだっこで嫌だったりするが結局見ている人には見抜かれてしまっているのだ。

そもそもわたしは人間をいくつかに分類した時に「分かりやすい人種」に属していると思っているから仕方が無い事といえばそうである。

難しいとかわからないと思った時は、それは単に使用する「言葉」のせいである。

今回もまたその「おんぶにだっこ」でクヨクヨとしているのだった。

 

 

 

蜜蜂と遠雷』からここまでの繋がり。うーん見えんな。

明らかに深夜テンションで拍車がかかっているようだ。

というこの文章も深夜でなければ書けないのだが。

「夜」という時間帯と少々のうぬぼれ。

 

さて、上記の呟きを単純な図式に直す。

①『蜜蜂と遠雷』を読んで「音楽との向き合い方」について考える

②中学の時の「音楽の向き合い方」は未熟だったと考え、その経験をもとにしていたことを恥ずかしく思う

③「向き合い方」が未熟だったのは基礎的な土台ができていなかったからである、という考えに行きつく

④では基礎的な土台はどうできるのか?それはインプットによる

⑤インプットする=様々な物事を見聞きする、体験・経験すること

 

 

 

さてここからの展開が飛躍しているようでわたしにもわからない。どういうこっちゃ。

言いたいことはわかるけど、つながりがわからないなあ。

 

基礎的な土台があればわかるようになる、わかることでまた救われる、救われるとは「自分を肯定されること」、と続くけど、うむ、ここはまだ改良の余地ありです。

 

結局として「世界から自己肯定される」には「いろんなことを知らなきゃならない」ってことかなあ。一行にまとめるのに字数だけめちゃくちゃ使ってるな。

でも「世界から自己肯定される」感覚は独りよがりなんですよね。おそらく。

最後はひとりで「いいね」ボタンを押さなきゃ生きていけない。

だから他者の「いいね」がいくらあっても足りないし、飢えはしのげない。

「これまで自分が歩いてきたところ」を「世界」に「肯定」される。

この感覚は自分しかわからない。

他人に言われても、自分自身に「これでよかったんだ」という、しっかりとした実感がなければ意味がない。

すべてはそのために。

 

あれ、なんかループしてる感覚が若干あるな。

それは今度までの宿題。

 

他者からの承認がすっと欲しかった私にしてはよくここまで行きつきましたね。

自分で自分をほめます。

 

おわり

 

I・ZA・NA・I・ZU・KI と Wonder と シリウス

 

「一年たって、やっとQUARTETTOにより添えた気がする」

 

I・ZA・NA・I・ZU・KI と Wonder、のこと。

 

ずーっと、ずーっと。

QUARTETTOのセットリストにおいて、なぜこの部分にI・ZA・NA・I・ZU・KI がくるのか、そこからなんでWonderなのか。それは続くシリウスにも言えて。

 

きっと「わからない」「もやもやする」って感情と気持ちになっていたのは、「納得する理由が自分で見つけられなかったから」なんだということが、この場所で「三曲がそれぞれ持つ『意味』」に気が付いたらようやくわかりました。

分かった瞬間、きれいに並べたドミノが脳の中を倒れていきましたよ、はい。

非常に綺麗でございます。

 

簡潔に言えば、「I・ZA・NA・I・ZU・KI には儀礼的要素」が、「Wonderには破壊」が、「シリウスには創造・再生」が秘められているのでしょう。

 

ところで、これに気が付いたのは、この発想に行きつく直前に「シン・ゴジラ」を見たことが大いに関係しているのであります。

 

Twitterを主として様々な「シン・ゴジラ」考察・裏話が飛び交っておりましたが、その中に、「ゴジラ」と「神」の存在を指摘する意見が多々ありました。

 

日本は古来から自然災害が多く、よくその自然の猛威は神の仕業とされてきたようです。私自身あまり知識が無いのと、掘り下げるとまた大変なことになりそうな予想が付くので、このあたりで触れるのはやめますが、お察しの良い方は気が付くでしょう。

 

そういうことです。

 

単純ですね。

 

そしてこの発想に行きつく前にもう一点。

シン・ゴジラ」を思いだすきっかけになったとも言えることを。

 

「モードのジャポニズム展」と呼ばれる展覧会が、今から20年ほど前に開催されました。

私はもちろん生まれたてほやほや(もしかしてこの世にいなかったかも)くらいのことでしたので、実物を見てはいないのですが、そこでの衣装展示の方法が、I・ZA・NA・I・ZU・KI での彼らの動きに似ていました。

 

「モードのジャポニズム展」はタイトルではわからないかもしれませんが、衣服を展示した展覧会でした。

衣服展示を行う際、もちろん服はマネキンに着せるのですが、私が見たその展示の様子をおさめた映像では、白い石を敷き詰めた床とそこにたたずむ衣装をまとったマネキンたちの姿が、どこか神聖(というよりも、気が引き締められるような空間を作り上げている?)な一面をもち、そして「生」が感じられなかったのでした。

 

白、「生」、神聖、曲調、動き、光、模様。

 

ああ、これかー、と、すべてがつながった時には軽く絶望してしまいました。

どうしても分かり合えないと思っていたし、もういっそ分かり合いたくないともおもっていた、QUARTETTOに正面衝突してしまったのでした。

 

気が付くのが遅いよ、ほんとに(苦笑モノですよ)。

 

 

そしてなぜ当時にしっくりこなかったのか、の理由は、明確かつ不確定な理由がありまして。

 

・その当時アンテナがにぶちんだった

・その当時精神がよろしくなかった

・うすうす「NEWS」という存在が「生」の塊であることが無意識のうちにわかっていて、かつ自明の理だと思っていたため、「生」が感じられない、もしくはほかの曲に比べて極端に薄いこの曲に拒否反応があったのかもしれない

 

一番最後が一番実証が難しい点。ここがクリアできればこの三つでケリが付くけど、どうなるかな。ってもうこれでいいでしょ。

 

もともと曲自体は特に好きではなかった。

これがわかってから見方が変わって昔よりは好きになったけど。

 

(あとすっごい他の人はわからなくていい小話、衣装のブラックライト当たると出てくる模様と、きらきらうえつと、NGTの劇場公演の冷蔵庫曲衣装の色味といい雰囲気が似てるなって思ったこと)

 

 

そもそもなんでこの三曲に行きついたのかってのは、先日放送された少プレのWonderの加藤さんがさいこ~な動きをしてくれたからであって、あれがなけりゃQUARTETTOのDVDを見返そうと思わなかったし、そもそもこのタイミングだったからいろいろなことを脳内でリンクさせれたのかなあ、と思います。

タイミングとさまざまな見聞は実に大切ですな……と知らされた一件でございました。